正常月経周期女性の子宮と卵巣の形態

*生理(月経)があっている女性の子宮や卵巣は、卵巣ホルモンの働きによって日々刻々と変化していきます。(下の写真は月経が28日周期の女性の経膣超音波写真です。ただし1人の方を連続して撮影したものではなく、各時期の代表的な方の写真を選んでいます。)

そのため正常月経周期の女性では、超音波で子宮・子宮内膜・卵巣を見ると、生理(月経)が始まって何日目ぐらいか、あと何日ぐらいで排卵するか、また、次ぎの生理がいつごろ始まるかが分かります。

*逆に最後の生理の日がわかっている女性では、卵巣と子宮内膜が正常に働いているかどうかも判ります。

1.月経第2日目(月経期)

2.月経第7日目(増殖期初期)

 

3.月経13日目(増殖期後期〜排卵期)

 

4.月経第21日目(黄体期中期)

 

診療案内に戻る

トップへ戻る

ホームへ戻る