子宮内膜症とは

 通常の女性では子宮内膜(生理=月経時に剥がれて出血する部分)は子宮の内側にありますが、その子宮内膜が何らかの原因によって子宮の内側以外の場所(異所性)に発生した(できた)状態です。生理=月経の時には異所性の子宮内膜でも出血が起こりますので、生理痛や腹痛が強くなります。
 子宮内膜症は生理が始まって(初経)から数年〜10数年で発症すると考えらられ、20代後半から30才台に多く発症し、徐々にまたは急激に進行します。わが国では、30才台の女性の150人に1人が子宮内膜症の治療を受けています。子宮内膜症は治療や妊娠によって一時的に消失したり退縮したりしますが基本的には閉経するまで治りません。
 子宮内膜症は文明病とも言われ、発展途上国の女性に少なく、欧米や日本などの先進諸国の女性に多く発症します。わが国では子宮内膜症が増えたのは1980年代からです。以前私達が大学病院の手術記録で子宮内膜症の頻度を調べた時のことですが、1960年〜1970年代では手術症例全体の約5%に子宮内膜症の診断がありましたが、1980年後半には25%に増加していました。その後は調査をしていませんがおそらくもっと増えている事でしょう。
 子宮内膜症の発生原因として以下のいくつかの考え方がありますが説明は省略します。
  1)月経血の逆流に伴う子宮内膜の腹腔内散布説
  2)骨盤腹膜などの子宮内膜化生説
  3)胎生期の子宮内膜遺残説
  4)自己免疫説
  5)子宮内膜の連続的侵入説
  6)ダイオキシン説、など
 先進諸国の女性に子宮内膜症が多く発症する原因は女性の社会進出と晩婚化が最も関連がある考えられています。アジアで子宮内膜症の発生頻度が高いのは日本だけです。中国や韓国の女性は比較的早く(20才台前半までに)結婚し出産します。出産が子宮内膜症の発生を減らすことは以前から知られています。戦前の日本では16〜18才で生理が始まり、生理が始まるとすぐに結婚し妊娠・出産していました。このような時代では子宮内膜症は発症できないのです。最近は中国や韓国でも女性の晩婚化が始まっていますので、子宮内膜症が増加すると思われます。

 子宮内膜症が発生しやすい場所は腹腔内の下の方で、卵巣・子宮・ダグラス窩・大腸や直腸などの表面や内部に発生します。まれに肺・臍・帝王切開の傷跡などにも発生します。

子宮内膜症の何が問題なのか

 子宮内膜症は「女性ホルモン(エストロゲン)依存性=エストロゲンによって病変が持続されるという意味」の疾患と説明されています。実際にエストロゲンが低下する(閉経)と子宮子宮内膜症は自然に退縮しますが、エストロゲンが高い状態が持続しても(例えば妊娠中は)子宮子宮内膜症は退縮します。妊娠中に内膜症が退縮するのは月経が停まるからです。この点から考えると子宮内膜症の病態は、むしろエストロゲン依存性というよりは月経依存性と言った方が正しいと思われます。
 子宮内膜症の病変は内膜症ができた部位の子宮内膜の出血によって生じます。その結果、卵巣が腫れたり(チョコレート嚢胞)、子宮が腫れたり(子宮腺筋症)、腸が腫れたり(腸管子宮内膜症)し、更にその病変の周囲に硬い癒着ができます。卵巣の腫れは「卵巣チョコレート嚢胞」となって腹痛や卵巣がん(頻度は少ない:1〜2%)を起こし、子宮の腫れは子宮腺筋症となって激しい生理痛(月経困難症)や生理の量の増加(月経過多症)を起こします。腸の子宮内膜症は、排便時の痛み、腸からの出血、腸閉塞などを起こします。
 子宮内膜には子宮内膜の腺細胞と間質細胞があり、それらあの細胞は卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用を受けて増殖しますが、エストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)が急激に減少すると剥離し生理(=月経)となって出血します。生理が起きる時は、異所性にできた子宮内膜の部分も似たような変化を起こして出血します。そのような出血が体外に出てしまえば問題はないのですが、子宮内膜の剥離・出血の際には、出血部位からさまざまな化学伝達物質(サイトカイン)を分泌しますので、それらの物質が炎症反応を起こします。その炎症反応が痛みや癒着の原因となるのです
 子宮内膜症の部位で起きる炎症反応こそが、内膜症の犯人です。炎症反応を止めれば痛みはなくなり、癒着は(消失はしませんが)ある程度まで改善します。通常の炎症反応は病原菌の感染や組織の損傷(傷や手術)によって起こりますが、子宮内膜症の炎症は生理によって子宮内膜が剥離することによって起こります。病原菌の感染には抗生剤や抗菌剤や抗ウィルス剤が、傷の治療には化膿止めや抗炎症剤が有効ですが、子宮内膜症の治療には生理を止めるのが有効です。生理は自然に止まることがあります。生理が止まる原因としては、妊娠や閉経が最も大きなものですが、それ以外にも、強い精神的ストレスによる卵巣機能不全や激しい運動(たとえばマラソンやトライアスロンの選手など)やヒマラヤなどの登山などによって生理が止まることがあります。しかし健康な女性の生理を止めるのは難しく簡単には行きません。

元に戻る 次のページ

ホームに戻る トップに戻る